宣伝活動をどのように行えば良いのか

黙って店先に置いても売れるはずはありませんし、インターネット上にネットショップをオープンさせたとしても、お客様は来てくれません。そして、そのためには、知らせる努力が必要となります。

そのような活動をPR(PublicRelations)といい、その手段の一つがパブリシティです。広告ではなく、報道として紹介されるということは、受け手に与えるインパクト、客観性、信憑性が高く、費用をかけずに商品やサービスをアピールできる絶好の機会なので、知名度を上げるために戦略的に活用することが大切です。

では、報道を通じて、商品やサービスを知ってもらうには、どのようにパブリシティを出したらよいのでしょうか。商品やサービスを売ろうとするとき、どのように宣伝活動を行えば結構でしょうか。

その商品が、他の類似品より優れていることを知ってもらわなければなりません。パブリシティとは、お金をかけずに、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどのメディアに情報を提供し、報道として取り上げてもらうことを言います。

内容のニュース性、リリースの訴求性、メディアの選定、担当者の特定、タイムリーな配信、担当者とのコミュニケーションといった要素がうまくかみ合ってはじめて効果的なパブリシティが可能になると考えられます。ただし、記者や編集者がその情報資料(プレスリリース)を読んでくれる、さらに記事として取り上げてくれる、あるいは取材をしてくれるというレベルにまで関心を惹くことができるか否かが最大のポイントです。